スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成29年度 淡交会総会に行ってきました

20170625233407403.jpg

6月25日(日)亀戸アンフェリシオンにて
今年度の総会が行われました。

今回の担当は65回生の先輩方。
私達77回生とはちょうどひとまわり差のおん年68歳。

我われが淡交会総会の幹事をする年もあと干支ひとまわり、
12年後に迫ってまいりました。

さて、たいへん懐かしい再会がございました。
右側の紳士、65回の先輩ですが、どなたかおわかりになりますか?
20170625233538489.jpg

正解は……


漢文の濱口先生です。

40年のブランクも
一目でわかってしまったのは、髪型と眼鏡。
黒々とした髪をセンターパートにわけて、
顔力を印象付ける太フレームのボストン眼鏡は
当時の面影のまま。

17歳の我らに対し29歳の青年教師。
若さと若さのぶつかり合い、
生意気ざかりの後輩に舐められはたまらんとばかり
先生はいつも厳しいお顔をしておられたような記憶があります。

今の濱口先生は、某大学の学長(!)。
とても柔和な表情で優しくお話をしてくださいました。



20170626004352c3f.jpg
さて、
淡交フィル第60回定期演奏会のお知らせです。

7/23(日)13:00開場 13:30開演
目黒パーシモンホール

指揮は、我ら77回新田さん。
そして合唱は淡交混声合唱団。

ここで、このブログをご覧の皆さまにお誘いです。
合唱団にはいって、うたってみませんか?
77回では、当方を含め3人が参加をしています。
本番までの日曜日、きめ細かい練習プログラムもあり、合唱指導していただけます。
オーケストラとの共演、稀少で貴重な体験をしてみませんか。

詳細は淡交フィルホームページを参照ください。









三月です。あらためまして。


老人ホームにおもむきますと

広いラウンジに入居者の皆さんが車椅子で一同に会して

レクリエーションが始まろうとしているところでした。

その中に私の母もおります。

職員さんがご老人を前に

「皆さん、今日は何日ですか?」

「はい、そう、三月一日ですね。今日は、芥川龍之介の誕生日なんですよ」

と、おっしゃいました。


思いがけぬところで、われらが大先輩の名前を聞けたのが嬉しく誇らしく思ったものでございます。

ここは墨田区。

職員さんは芥川の出身を知っておられたのかもしれませんが、

それはそうとして、私は車椅子の後ろで、会を微笑ましく見つめておりました。


「皆さんは芥川龍之介の小説、読んだことありますよね、

何を
読みましたか?」

「蜘蛛の糸」 「蜘蛛の糸」 「蜘蛛の糸」

他にはどうですか?

「羅生門」 「杜子春」

するとある御婦人がつぶやきました

「河童」。


読み進めるのが息苦しくなるような小説でした。

河童を初めて読んだ乙女時代を思い出しておりました。

必死に活字に噛り付いて、真意を汲もうとしてもはぐらかされ

自虐と開き直り、軽口にして深淵、

まさに文学のパラドクスとでも申せましょう

眩暈のような読書体験をさせられた作品でございます。



「河童忌」として命日は偲ばれていますが、

誕生日の三月一日は初期の作品をフューチャーして

「羅生門 開門記念日」「鼻生誕日」「芋粥出来」などと名付けて思いを馳せるのもよろしいかと。


そんなことを、ぼんやり考えながらおりますと

コーナーは「むづかしい漢字の花を読んでみよう」にすすんでいました。

「向日葵」「山茶花」

このあたりは読めますね。
ご老人の皆さんも口々にひまわり、さざんかと声を上げておられます。


「躑躅」「百日紅」

これだと?まだなんとか読めますね。つつじ、読めるけど書けない。さるすべりは小学校の校庭に植えてあったのを思い出します。



「薺」「罌粟」

さあ、これはお手上げです。
でも、先ほどの「河童」の御婦人は簡単に読んでおられましたよ。文学少女だったのでしょう、河童や、その他たくさんの本を読まれたことでしょう、俳句や詩や小説を編んだかもしれないな、

などと推測いたしますと

ここにいるご長寿の皆さんお一人一人に、

かけがえのない軌跡があることに気がつき

知と生命力のパワーを神々しく感じるのでした。



それはそうとして、

何を言いたいかと申しますれば、



皆様、今月もお元気で!


そして、お父様お母様を大切に!























RKB77 1/21(土) ライブです!!!

RKB77 (リョーコーバンド77回)

平成29年もまた、はりきって音楽活動をしてまいります。


新年初めの1月小岩場所は

おなじみジョニーエンジェル。

1/21(土) 13:00OPEN 13:30START
charge ¥1500
http://johnnyangel.jp/



1st stage 70.80年代歌謡曲
2nd stage 80.90年代洋楽邦楽ロック
3rd stage 70.80年代ディスコミュージック


今回のRKB77は、なんと4人の歌姫でお届け!

パワーアップしたキラキラのステージをご期待くださいませ。

2nd ステージでは、RKB77の有志が別ユニットを組んで、新バンドで登場します。

こちらもどうぞお楽しみに。


メンバー一同、皆様のご来場をお待ちしております。

週末は小岩でお目にかかりましょう!

お気をつけてお越しくださいませ。
20170116230004701.jpg
201701162300221e3.jpg
201701162300339ba.jpg
201701162300460eb.jpg
20170117091400fe3.jpg





あらためまして 2017

新しい年2017

あらためまして

la tera casettaこと、元3I Teraiです。

(両国高校 昭和52年4月〜55年3月卒業 第77回生)


このブログを初めて御覧になる皆様、

ようこそおいでくださいました。
77ブログでございます。
77回同期生、母校、地元下町…に関する記事を不定期的にお届けして、はや8年。

77回生初の同窓会を開催したのは、2010年の夏でございましたが、
当ブログは前年の2009年より開設しまして、同窓会の告知などさせていただいておりました。

いつの日か近い未来の、次の同窓会の連絡板として情報をお届けできますよう、
細く長く、更新をしてまいりますので、
時折りお立ち寄りいただけましたら幸甚でございます。


日頃よりご愛読いただいている皆様、

半年におよぶ長い長い不投稿、たいへんご無沙汰をいたしました。
健康伺いや安否確認など、ご心配のメールをくださった皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
こうしてなんとか生きております。
またお付き合いの程何卒宜しくお願いいたします。



さて、1月。

といえば、

新年会でございます。

さっそく77有志で集まって、錦糸町で一献やってまいりました。

同窓会以来ぶりに会う友あり、卒アルをガイドに座を崩しての宴でございました。

皆さん、よく飲みよく食べよく喋りよく笑います。

20170112210116505.jpg

またの機会には、

あなた様ともご一緒できますよう。



さて、そして1月、

といえば、そう、

大相撲初場所でございます。
201701122143129a2.jpg
楽しみな新鋭の登場に胸踊る場所でございますが、

両国地方、今にも降り出しそうな空模様。

週末にかけ、冬型の気圧配置とのこと、寒波の予報でございます。

皆様どうぞご自愛いただきますよう。




それでは皆様、2017年もお元気で!















淡交会総会に行ってきました

7/3に亀戸アンフェリシオンで行われた

淡交会総会に行ってきました。

今年度、会を仕切られたのは64回の先輩方。

つつがなく審議・報告事項と進行し、

会の目玉の講演は

早稲田大学政治経済学術院教授の

坪井善明氏(64回)

「南シナ海問題に直面するベトナム」

の演題で

アジアから見える、経済・安全保障・世界のパワーバランスなどについて

多面的に語っていただきました。

20160707220721e6b.jpeg


EU離脱から、パナマ文書、タックスヘイブン…

そして7/2に起きた悲惨なバングラデシュのテロ…

日本でも多くの時間を割いて報道されている世界のニュースが

一つ一つ独立した話題ではなく、

ぐるりと関連づけられた一つのうねりとしてとらえられた解説は

考え方のヒントがたくさん散りばめられておりました。


折りしも選挙が目の前、

さあ日本は?

グローバルな視点をもって、熟考して投票にまいります。



さて、淡交フィル定期演奏会のお知らせです。


2016年7月17日(日)
開場13:30 開演14:00

江戸川区総合文化センター 大ホール
201607072211355ee.jpeg
 ロッシーニ:「アルジェのイタリア女」序曲
 モーツァルト:交響曲第31番「パリ」
 ベートーベン:交響曲第6番「田園」
指揮:柳澤 明良


夏の午後、癒しの空間で

田園の風を感じてください。

コンサートホールが素晴らしい避暑地となりますよう…


まだお席に余裕があると聞いております。

みなさまどうぞお誘いあわせてお越しください。



今宵七夕7月7日

77NIGHT、

東京の汚れっちまった夜空に天の川のきらめきを想像して…


7月も皆様お元気で。











プロフィール

la tera casetta 

Author:la tera casetta 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。