大相撲初場所に行ってきました

2011_01+002_convert_20110120141213.jpg


大相撲初場所も、11日目でございます。

今年も行ってまいりました。

皆様のふるさと、両国のランドマーク 国技館へ。

初場所の観戦に来てやっと、ああ1月、新しい年だな、と感じるものでございます。

2011_01_convert_20110120204913.jpg





さて、この日は、幸運にも

あっぱれな土俵を目にすることができました。


日本人期待の力士・関脇 稀勢の里関が、どでかい仕事をしてくれましたよ!

横綱・白鵬関を、豪快にもってってくれました!

負け知らずの最強連勝横綱に土をつけた先場所に引き続き、

2場所連続の横綱斬りです。


稀勢の里は、何かを持っている持っている、と言われていましたが

どうぞ、大関に昇進して、それが何なのかを証明してほしいものです。

全ての好角家が、応援しているはずです。



さて、もう一人の関脇 琴奨菊関

がぶり寄りという技術を駆使して、土俵を盛り上げています。

がぶる。

独特の言い回しです。

体を相手に密着させて、小刻みに、強引に寄っていく、必死な感じで押し込む攻撃方法です。

相撲のワザとしては、泥臭い感じで、決して美しい型ではないですけど、

「泥臭くやらなくてどうする。」(byTANAKA Marcus Túlio)




関脇の強い場所は面白い、と申します。

稀勢の里関、琴奨菊関、

千秋楽まで、光る相撲で、ファンを喜ばせてください。





2011_01+004_convert_20110120142621.jpg

国技館の門の向こうに、東京スカイツリーが見えています。

皆様のふるさとに、世界に誇る巨大なタワーが完成するのも、もうすぐですね。





今場所も、相撲ネタにおつきあいいただきありがとうございました。


皆様、風邪をひかないように、明日もお元気で。













スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白鵬

大相撲 取組内容 【ひとこと】期待を裏切る琴欧洲 急いで出なくても、落ち着いて捕まえれば、勝てると思うのですが…。 これで琴欧洲は三敗に後退。 白鵬は、日馬富士に勝って一敗を守りました。 明日の白鵬-琴欧洲戦の価値が、下がってしまいました。残念です。 《2011

コメント

非公開コメント

ゆりかごダンス

今場所は12日目から千秋楽まで登板しておりました。明日の各紙は賜杯を抱く白鵬を中心に一門の力士たちのユリカゴダンスという写真になっております。結構おもしろいのでお楽しみに。

稀勢の里は朝青龍や白鵬に負けると、支度部屋の壁を蹴りつけるぐらい負けず嫌いの力士です。負けるとダンマリ、勝つと饒舌、わかりやすいといっちゃあわかりやすい。

琴奨菊のがぶり寄りで思い出したけど、やっぱり相撲最強の技は寄り切りだね。全盛期の貴乃花は毎日寄り切りばかりで写真を撮るのに苦労しました。

今場所の白鵬は豊真将戦あたりから変だったけど、稀勢に負けてからの2番はひどかった。大阪は荒れそうな予感がします。

それでは5月場所でお会いしましょう。

コメントありがとうございます。 

大網様☆

ゆりかごダンス!以下に貼付させていただきました。
皆さんご覧ください。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/01/24/gazo/G20110124000111260.html

優勝を決めた翌日に誕生するなんて、
きっとその赤ちゃんが、勝利の女神だったのでしょう。

お相撲さんたちも皆いい顔してますね。
見ているこちらも思わず笑顔になるステキな写真をありがとう。
(大好きな安美錦と旭南海も写っていて大満足!永久に保存します!)

来場所、3月の大阪は荒れそうですか。
白鵬崩し…。
他の力士にとってチャンスの場所ってことですね?

キセと菊、大阪でうまくいったら、
5月の両国で、ダブル昇進なんて!夢じゃないかも!
またその時は、心躍る写真をお願いしますね。


プロフィール

la tera casetta 

Author:la tera casetta 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
現在の閲覧者数: