平成二十五年 大相撲一月場所に行ってきました

image_20130122071047_20130123140017.jpg

1月の東京・両国。

お寒うございます。

image_20130122100433_20130123140019.jpg
初場所がはじまった先週は、吹雪で東京は真っ白になっていましたが。

この日はよく晴れ、国技館日和でした。

国技館日和…って、

館内で観戦するのに、天気など関係ないでしょと、思われるかもしれませんが…



出勤前のお相撲さんや、取り組みが終わって帰るお相撲さんを

間近でひと目見ようと、屋外で根気強く待つファン、そんな方々にとって、

晴れた空はとてもありがたい恵みなのです。

image_20130122071544.jpg

さて、こちらのお相撲さんは舛ノ山関

平成生まれの22歳、人気急上昇の力士です。

若い女子から、若くない女子、好角家のおじ様方まで、

たくさんのファンに囲まれていましたよ。



舛ノ山関は、人よりも肺が小さいというハンデがあり、

取り組み後は激しく息を切らせしまうのです。

その姿は、見る者をハラハラさせます。

でも、自分の不利な状況をものともせず、連日懸命な戦い。

その健気な土俵が、人気の秘密です。


相撲観戦の機会がございましたら、

ぜひ舛ノ山に注目してみてください。





image_20130114205536.jpg
さて、場所が始まる前日、1/12のお話になりますが、

宮城野部屋に行ってまいりました。

横綱白鵬の所属する部屋です。

場所は緑4丁目。母校のすぐ近くです。

日頃からお世話になっている淡交会の先輩が、

宮城野部屋の後援者とのことで、

同行させていただける光栄に浴したわけでございます。

image.jpg
稽古場のお座敷で、お酒をいただいていますと、

国技館で土俵祭りを終えた呼出しさんたちが、

太鼓を打ち鳴らしながら相撲部屋にまいりました。

image_20130114204940.jpg
7人の呼出しさんが、かわるがわる、初日の取り組みを呼び上げます。

「白鵬に松鳳山じゃぞえ~~」

鍛え上げられた呼出しの美声と

相撲部屋じきじきのちゃんこを

お相撲さんによそっていただいて堪能するお酒。

相撲ファン冥利につきる日でございました。





お相撲も後半戦。

初場所が終わると、1月も終わっていきます。

残り少ない1月も、皆様お元気で。










スポンサーサイト
プロフィール

la tera casetta 

Author:la tera casetta 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
現在の閲覧者数: